スモールクラス

 看護学科では、教員が少人数の学生を受持つスモールクラス制をとって、修学や進路の個別相談など学生生活の支援を行っています。
 新学期ガイダンスで担当教員が紹介され、1年間のグループになります。スモールクラスと担当教員は学年ごとに変わります。
 災害発生時は、スモールクラスのメンバー同士・教員とスモールクラスの学生の間で安否確認をするなど、互いに気に掛け合う関係です。最初に連絡先の交換もします。

 

スモールクラスごとの昼食会

スモールクラスごとの昼食会

2015年4月に行われたスモールクラスごとの昼食会の様子。
学生たちと担当教員がはじめて出会う交流の場です。