学科長あいさつ

看護学科長挨拶

宮村季浩

田辺 看護学科長 本学科は、平成7年(1995年)4月に旧山梨医科大学医学部の看護学科として設置され、平成14年(2002年)の大学統合により山梨大学医学部看護学科となり現在に至っています。

 世の中が大きく変わりつつある現代では、看護の専門職に求められるものも変わっていきます。看護を必要としている多くの人たちの要求に応えるためには、専門知識を身に付けているだけでは対応することができません。地域だけでなく国や世界に目を向けて、看護の分野だけでなく保健・医療・福祉について広く学ぶことにより、さらには人や社会について関心を持ち探究することによって多様化する要求に応えることができる看護職となることができます。これが大学で看護を学ぶ大きな理由です。

山梨大学医学部看護学科では、専門知識だけでなく看護を取り巻くさまざまなことを学び経験する機会を提供します。医学部の看護学科であることを生かして、地域の拠点病院である医学部附属病院での実習や、医師を目指す医学科学生と共に学ぶ経験から、広い視野を持ち、他職種とのコミュニケーション能力を高め、これからますます求められるチーム医療の場で活躍できる人材を育てることを目指しています。医療機関だけでなく、地域や学校、職場などさまざまなフィールドで看護職の活躍が期待されています。

山梨大学医学部看護学科ではみなさんの可能性を全力で支援していきます。