学科長あいさつ

看護学科長挨拶

田辺文憲

田辺 看護学科長 山梨大学医学部看護学科は,平成7年4月に旧山梨医科大学医学部に看護学科が設置され,平成14年に大学統合により山梨大学医学部看護学科に改組し現在に至っております。

 本学看護学科は,人間,健康,看護を探求する実践科学としての看護教育を主眼に置いたカリキュラムにより,看護の高度な専門知識と技術を修得し,病に苦しむ患者さんとその家族を心身両面から支えることができる看護職者育成をめざしています。1年次は主として甲府キャンパスで他学部の学生と共に全学共通科目を学べるため,視野も広がり,学生間の交流を通してコミュニケーション能力を磨くことができます。また,くさび型カリキュラムにより4年間を通し基礎科目と専門科目を並行して学べるため,看護職へのモチベーションを高めながら,看護に必要な知識と技術の両方を体系的に学ぶことができます。医学部キャンパスには医学部附属病院があり,看護学の臨地実習では本学科の卒業生からも親身な指導を受けることができます。

 本学科では全員が看護師と保健師の国家試験受験資格を取得することができることが特徴としてあげられます。また,選抜された若干名の方は助産師の国家試験受験資格も取得できます。

 さらに,本学は看護学修士の学位を取得できる大学院修士課程看護学専攻と看護学博士の学位を取得できる大学院博士課程ヒューマンヘルスケア学専攻があり,医療現場での指導者や教育機関における看護学教育者,看護学研究者を輩出し,山梨県だけでなく全国で活躍しています。

 本学看護学科は,世界遺産の富士山のもとで,深い人間愛と広い視野を持つ,人間性豊かな看護専門職を育成していきます。