在宅・国際看護分野の卒業研究発表を行いました。

2019年12月17日

 在宅・国際看護分野では、2019年12月6日に卒業研究発表会を行いました。今年は在宅看護1名、国際看護3名の学生がそれぞれ興味を持ったテーマで研究を行いました。

研究テーマは、

「家族介護者が在宅介護を継続する動機」

「カンボジアの子供達の歯磨き行動と自覚的な齲蝕に関する調査」

「カンボジアの子どもたちにとって身近なスナック菓子の購入実態から間食の課題を考える」

「カンボジア農村部のトイレ実態調査」です。

発表の様子

発表の様子

在宅看護では、実習でお世話になっている訪問看護ステーションに研究協力をしていただきました。

国際看護では8月にカンボジアに行き、卒業研究のためのアンケートやインタビューを実施しました。

お菓子屋さんでインタビュー

カンボジアの村でお菓子屋さんにインタビュー(通訳さんと)

またカンボジアでは現地の方たちへ手洗い、歯磨き、スナック菓子についての健康教育を行いました。

手洗いについて健康教育

健康教育「正しい手の洗い方」

研究発表に参加された方々、また研究に協力して下さった皆様、本当にありがとうございました。