領域紹介

INDEX

・地域看護学領域
・保健学領域
・高齢者・在宅看護学領域
・精神看護学領域

地域看護学領域

概要

地域看護学は、公衆衛生の向上を目指し、地域で生活している人々の健康が維持・向上するよう、子どもからお年寄りまで、職域や学校保健も含め幅広く看護の対象として捉えます。 主に、行政の保健師の活動を中心に、地域看護学を担う看護専門職の役割について学びます。 その活動は、常に、個から集団へ、集団から個へ、視点を転換させながら行われ、個別の援助を通して把握したニーズから、地域全体の健康課題見出し、地域の生活者自らが解決できるような施策づくりなどを含みます。
地域看護学の授業では、講義と体験型・参加型の演習をとおして、知識と技術を身につけます。

教員の紹介

氏名 相原 正男
役職 教授
担当領域 地域看護学
学部の科目 地域看護学概論、地域看護活動論Ⅰ、地域看護活動論Ⅱ、地域看護学実習Ⅰ、統合実習、看護研究
大学院の科目 修士課程:地域看護学特論・演習、特別研究
博士課程:健康行動科学特論・ヒューマンヘルスケア学特別演習・研究
氏名 神崎 由紀
役職 准教授
担当領域 地域看護学
学部の科目 地域看護学概論、地域看護活動論Ⅰ、地域看護活動論Ⅱ、地域看護管理論、健康危機への看護実践、地域看護学実習Ⅰ、地域看護学実習Ⅱ、在宅看護学実習Ⅰ、統合実習、看護研究
大学院の科目 修士課程:地域看護学特論、地域看護学演習

保健学領域

概要

保健学領域では、疾病予防や健康保持・増進のための知識を幅広く学習します。 また、保健・看護活動の場面で、疫学・保健統計の基礎知識をどのように活用できるかを 考えられるように授業を展開していきます。 そのため研究課題も、学校や職域、地域における健康問題や環境問題の諸要因に関する研究など、多岐に渡っているのが特徴です。さまざまな社会現象と健康との関係についていろいろな視点から考えていきます。学部4年生の統合実習では、教育学部附属小学校において養護教諭の業務や学校保健全般について経験する実習を行っています。

教員の紹介

氏名 宮村 季浩
役職 教授
担当領域 保健学
学部の科目 保健医療行政論(医療経済学を含む)、疫学、基礎健康科学、応用健康科学、環境保健、地域看護学実習II(産業保健/看護、環境保健/看護)、学校保健、看護研究
大学院の科目 修士課程:看護保健統計論、看護環境論、産業保健看護学特論、産業保健看護学演習、産業保健看護学特別研究、地域看護学特論、地域看護学演習、地域看護学特別研究
博士課程:保健教育学特論、ヒューマンヘルスケア学特別演習、ヒューマンヘルスケア学特別研究

高齢者・在宅看護学領域

概要

高齢者・在宅看護学は、高齢者の健康と在宅療養や社会生活にかかわる看護の一領域です。地域社会の中で生活する個別性のある高齢者を、個人と環境を含め統合的に捉え、高齢者に対する理解を深めます。高齢者でも、アクティブシニアから要介護高齢者など健康レベルが異なります。高齢者の健康レベルに応じた、疾病予防と健康の維持増進、慢性的な疾患を持つ高齢者のセルフケア、終末期における高齢者のケアや、在宅療養生活者と家族介護者を支える看護について考え、保健・医療・福祉サービスにおける看護実践に求められる能力を有する人材の育成をめざしています。

学部教育では、高齢者の理解と健康レベルに応じた看護実践および在宅療養者と家族に対する看護実践に求められる基礎的知識と技術の習得を目標に学生参加型授業を展開しています。

教員の紹介

氏名 宮本 和子
役職 教授
担当領域 在宅看護学
学部の科目 在宅看護論、在宅看護学実習Ⅰ・II-1・II-2、社会福祉行政論、看護研究、統合実習、専門職としての看護
大学院の科目 修士課程:国際看護学特論、国際看護学演習、国際看護学特別研究       博士課程:国際保健看護学特論
氏名 谷口 珠実
役職 准教授
担当領域 高齢者・在宅看護学
学部の科目 高齢者看護活動論I・II、高齢者看護学実習、在宅看護論、在宅看護学実習Ⅰ・II-1・II-2、看護と介護、看護研究Ⅰ、看護研究、統合実習
大学院の科目 高齢者看護学特論、高齢者看護学演習、高齢者看護学実習、高齢者看護学特別研究、ヘルスアセスメント特論、在宅看護学特論、認知症看護学特論、高齢者看護学実践研究、家族看護特論II、排泄看護学特論、排泄看護学演習、排泄看護学特別研究
氏名 菅沼 真由美
役職 講師
担当領域 高齢者・在宅看護学
学部の科目 高齢者看護活動論I・II、高齢者看護学実習、在宅看護論、在宅看護学実習I・II-1・II-2、看護研究、統合実習
氏名 瀧本 まどか
役職 助教
担当領域 高齢者・在宅看護学
学部の科目 高齢者看護活動論I・II、高齢者看護学実習、在宅看護学実習I・II-1、II-2、看護研究、統合実習

2016年度 卒業研究テーマ

・胃瘻造設をしている患者家族の代理意思決定前後の思いに関する文献研究

・高齢療養者の家族が在宅での看取りを行えた事例からみた要因の検討

・病棟看護師と訪問看護師の在宅療養に向けた支援に対する認識の傾向

・急性期における脳血管障害の患者の代理意思決定をする家族と患者の思い

・病院で長期療養を続ける要介護高齢者への面会と家族のケア参加に対する家族の思い

・在宅で療養する終末期がん患者を支える家族の思い

・高齢療養者の家族が在宅での看取りを行えた事例からみた要因の検討

・在宅で看取りを行う家族を支援した訪問看護師の思い

・訪問看護師のターミナルケア に対する心情と多職種連携の実際 

   ~療養者と家族のターミナル期の意向に沿う支援~

・在宅介護をする家族の「介護と就労の両立」に必要とされる支援

・山梨県A病院を受診する在日外国人患者への対応からみる看護の現状と今後の課題

・国際看護活動が継続するために必要なこと:看護職が実施していた工夫からの考察

                                                      2016年 高齢者看護学 ゼミ


精神看護学領域

概要

私たちの領域では、心を病む人の看護と心の健康づくり支援の追究をしています。 細やかな観察力、多角的な分析力、柔軟な思考力を駆使して、心を病む人に対し関心を寄せ続けその人のあり方を看護(みまも)り支えることを基本とし、教育・研究・実践に取り組んでいます。精神保健看護学分野における課題は、精神障害者と家族のQOLの問題、長期入院患者の退院促進、うつ病と自殺の問題、社会的ひきこもりや依存症、働く人々の心の健康づくり、子供や高齢者の心のケア、精神科看護師のストレスマネジメントなど多様です。 地域における保健医療福祉機関とのネットワークを築きながら、教育・研究・実践をバランスよく充実させ、これらの成果については国内のみならず 海外へも発信する努力をしています。人がしなやかな強さをもって健やかに生きていくために、私たちに何ができるのかを日々考え、スタッフ一同ポジティブに邁進していきたいと思っています。

教員の紹介

氏名 水野 恵理子
役職 教授
担当領域 精神保健看護学
学部の科目 人間関係論、精神看護活動論1、精神看護活動論2、精神看護学実習、統合実習、看護研究ほか
大学院の科目 精神看護学特論、精神看護学演習、精神看護学特別研究、看護実践方法論、看護倫理学特論、産業保健看護学特論、産業保健看護学演習、産業保健看護学特別研究ほか
氏名 坂井 郁恵
役職 助教
担当領域 精神保健看護学
学部の科目 精神看護学実習、精神看護活動論1、精神看護活動論2、 人間関係論、 主題別科目、統合実習、看護研究ほか
氏名 宮田 知子
役職 助教
担当領域 精神保健看護学
学部の科目

精神看護学実習、精神看護活動論1、精神看護活動論2、 人間関係論、主題別科目、統合実習、看護研究ほか

 

2016年度 卒業研究テーマ

・生育環境と精神疾患発症の関連についての文献研究

・うつ病患者の家族への看護支援に関する文献研究

・うつ病・うつ状態の患者に看護師の声かけが与える影響

・精神疾患を病む人が求める回復に必要な支援に関する質的研究

・統合失調症患者の再発防止に必要な看護者の支援についての検討

・女子学生陸上長距離選手と一般女子学生との摂食障害傾向の比較

・精神科病棟で用いる看護技術に対する学生のイメージと実際

・精神看護学実習前における看護学生の精神障害者観の差異

・精神科看護師のストレスとやりがいに関する文献レビュー

・精神科病棟における職業性ストレスが看護師の患者への関わりに及ぼす影響の検討