皮下注射、筋肉内注射の演習を行いました(2年生)

2019年07月05日

 6月26日(金)に2年生が皮下注射、筋肉内注射の演習を行いました。

 指示書を確認しながら、薬剤を正確に準備しました。その後、シュミレーターを装着した患者役に筋肉内注射と皮下注射を実施しました。


指示書を確認して準備

必要な注射器を準備して・・・

 


 薬剤カートには注射器や注射針が複数準備されています。看護師役は今回の注射で必要なものが何かを考え、選んでいきました。


2人で薬物の確認(ダブルチェック)

注射器で薬物を吸い上げています!



 注射薬を間違えないように、指示書を確認したり、2人の看護師でダブルチェックをしたりして準備をしていきました。


注射器内の気泡を取り除いて・・・

シュミレーターを装着した患者役に注射

 

 

 

 

 

 

 



 患者役に言葉がけをしながら、シュミレーターに注射をしていきました。実際に患者役に注射はしませんが、まるで注射をされているような緊張感があります。


注射器の持ち方、角度はどうかな?

注射部位の選び方を骨格標本で確認しています

 

 

 

 

 

 

 

 


 筋肉内あるいは皮下組織内に確実に注射されるように、刺入方法を確認しました。注射時には、安全に注射する為に解剖学的な知識も必要です。演習前に学習した上で、演習中には骨格標本でも確認をしました。


演習後のまとめ


 最後に、演習を振り返ってまとめを実施しました。

 神経損傷を確認する為に分かりやすい言葉がけが必要である事、針刺ししないように安全な物品配置が重要である事を学びました。また、注射を実施する時には、患者さんの不安を少しでも軽減して注射が受けられるように観察や言葉がけをする事の大切さを学びました。

 このように既習の知識や技術を積み重ねた技術が多くなってきました。次回は採血演習を予定しており、2年生は事前学習や自己練習に熱心に取り組んでいます。


(基礎看護学 熊倉)