高校生への公開講座を行いました(基礎看護学領域)

2017年09月05日

山梨県下の高校生を対象とした公開授業「ヒューマンサイエンスの世界へ」の講義の一つとして、728日に「感染予防と看護」のテーマで授業を行いました。

高校生は感染が成立する過程、感染予防の原則などに関する講義を受けた後に、実際にガウン、手袋、マスクの着脱の順番や方法を考えながら演習を行い、最後に手洗いや手指消毒の方法を学びました。

「指先は、どうやってきれいにしたらいいのかなー?」

授業後のアンケートでは高校生の皆さんから
「正しい手洗いの仕方やアルコール消毒の仕方を知ることができてよかった」
「実際に手袋などをつける体験や手洗い、手指消毒の体験をして、看護師は感染症を広げないために本当に細かいところまで気をつけなければならないことがわかってよかった」
などの感想をいただきました。

暑い中23名の高校生の皆さんに参加していただきました。ありがとうございました。