1年生が山梨大学医学部附属病院の見学を行いました

2017年06月22日

69日(金)に看護学原論1・学部入門ゼミの授業で、附属病院の見学を行いました。見学の目的は病院内にどんな設備や部署があるかを知り、病院で働いている職種とその役割について学ぶことでした。

午前中は中央材料室、空調機械室、中央機械室、防災センターを見学し、病院内の環境を整えるための水・空気・電気・ガス・滅菌物の管理の実際について学びました。

中央機械室での見学の様子。
この日は、ナース服を着用しての初めての授業でした。


午後は、施設管理課の職員から附属病院について講義を受けた後、附属病院内を見学しました。その後、34名ずつのグループに分かれて、学生が各部署を訪問し、働いている人の職種や役割について伺いました。病院内にはいろいろな設備があること、医師・看護師以外にもたくさんの職種の方が働いていること、その人たちが協同して患者さんのケアを行っていることを学びました。
1年生は担当者の話を真剣な表情で聴き、活発に質問をしていました。

手術室での見学の様子

採血室看護師からの説明の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

後日、各部署で伺った話を基に、各部署の機能と役割についての発表会を行い、学びを共有しました。
施設管理部門の方々、各部署で説明してくださった方、お忙しい中、ありがとうございました。