3年生が事例学習発表会を行いました!

2019年06月19日

 成人看護活動論Ⅲでは,9月から始まる実習に向けて事例学習を行っています。事例学習では,実習で使用する記録用紙を用い,情報の整理・分析,事例患者の抱える看護上の問題を導き出し,問題解決の具体的な看護計画を立案します。

 今年度は,外科事例:「肝細胞がんで手術を受ける患者」・内科事例:「急性心筋梗塞の患者」であり,学生は担当事例について自己学習を進め,定期的にグループ討議を交えながら,具体的で患者の状態に適った実践可能なケアプランを考えました。特に,グループワークでは,個々が看護過程を進めていくうえで生じた疑問点や問題点を学生間で共有・意見交換し,時には教員を交えて討議することで,疑問を解決しながら学習を進めてきました。

グループワークで活発に意見交換


 4月から取り組んできた事例学習の最終発表会を614日に行いました。学生が発表会の運営を行い,学習成果を資料にまとめ,グループ毎に発表・討議をしました。発表会でも疑問点や問題点について学生間で活発な意見交換ができており,学生からは,「グループ発表を聞いて自分に不足している視点に気づくことができた」や「グループワークでも結論がでない疑問点について,発表会で確認できて勉強になった」等の感想も聞かれ,有意義な時間となりました。

 これから,各自の課題に取り組み,後期から始まる実習に向け準備を進めていきます。

教員からの質問

発表会の様子



                                         成人看護学:大日向