基礎看護学

学部紹介

基礎看護学の領域では、看護・人間・健康・環境とは何か、看護実践の理論的根拠となる看護理論、看護はどのように発展し、現在に至りどんな課題を持っているか等歴史的視点からの看護学、健康の増進、疾病予防、苦痛の緩和と健康の回復など、看護の目的を達成するための看護活動、チーム医療における看護師独自の役割について学びます。看護実践の基礎となる既習した知識・技術・態度を統合するため、演習・実習を通して看護の基本、基礎を身につけることをねらいとしています。

私たちの講座の教育方針は、一人ひとりの学生の持ち味を尊重し、持てる力が十分発揮できるよう支援することです。また、学生の創造力、挑戦力を大いに歓迎し、共に歩む教育実践をめざしています。

担当授業一覧

学部入門ゼミ 看護学原論I、看護学原論II
看護方法論I、看護方法論II、看護方法論III
基礎看護学実習I
基礎看護学実習II
専門職としての看護、統合実習、看護研究
社会における看護と介護

卒業研究一覧

卒業論文:平成29年度

  • 看護学生が臨地実習中の看護ケアで困惑を感じた場面、思考、行動について
  • 女性患者が看護師との会話中の言葉遣いによって受ける印象の違い
  • 基礎看護学実習Ⅱと各論実習前の不安の変化
  • 人工股関節全置換術を受けた患者の手術前にイメージしていた術後と術後の体験
  • 舌癌術後患者の食に対する思いの変化
  • 看護学生が臨地実習前中後の生活の変化から感じる健康管理の気づき
  • 手荒れを有する看護師の勤務における問題点と対策

卒業論文:平成28年度

  • 看護師が患者と関わる際の看護実践の工夫
  • 成人看護学実習(急性期/慢性期)において看護学生が直面した困難とその対処
  • 2交替制で勤務する看護師の睡眠の質と蓄積疲労の関係
  • 看護学生の生活習慣と生活習慣病予防行動の実態
  • 看護学生が受け持ち患者から得た情報の中で、個別性のある看護に活かせているものと活かせていないもの
  • 循環器疾患患者の服薬行動(アドヒアランス得点)と継続要因・思いとの関係
  • 頸椎固定患者の清潔保持のための対処行動としづらさ、不安の実態
  • 新人看護師の看護場面と他の医療者との関わりに対する成長の自覚と対処行動の関係
  • 患者が困ったときに相談できそうと思える看護師の第一印象 -急性期病棟に入院する患者への調査-

卒業論文:平成27年度

  • 大学生の孤食イメージと食事に対する意識調査
  • 看護学生の実習中の心身の健康状態と自己学習方法生活の実態の関係
  • 看護学生のユニフォーム着用時の身だしなみ行動決定要素の実態と意識への影響
  • 看護系大学生のインターンシップでの体験と思考の変化
  • 整形外科看護師の手術を受ける患者のインフォームドコンセント後の思いや受け入れ状況,理解度の把握方法―看護師のインタビュー調査からー
  • 大腸がん患者の手術療法決定までの思いや考えの実態
  • 看護師が患者に対して使用する言葉遣いにより,患者が抱く看護師の印象
  • 全身清拭に必要な湯の量とその温度
  • 車椅子移乗における以上条件の違いによる被解除者の身体的精神的負担
  • 中堅看護師のやりがいとやりがいの要素との関係