萩原 万友佳さん 2016年入学

患者さんに安心感を与えられる人間味のある看護師になりたいです。

萩原 万友佳さん
【看護学科】2016年入学

わたしは今、看護師を目ざして、山梨大学医学部看護学科で看護学生をしています。大学生活はとても楽しいです!部活やバイトをしている人がほとんどで、旅行を楽しんでいる子もいます。わたしも大相撲を見に行ったり、旅行をしたり、友達に誘われてジャニーズのライブに行ったり、とても充実した学生生活を送っています(笑)。 興味があったので、アロマテラピーの勉強もしました。人のからだや心、病気についての勉強や、看護技術は、いくら勉強しても足りないくらい奥が深くて難しいです。最近は、成人看護や母性看護の授業で、グループで事例を読んでその看護を考え発表したり、老年看護の授業では実際に高齢者の体力測定に参加しての演習があったりしました。その演習で初めて学生以外の血圧を測りましたが、それだけでとても緊張しました。看護師さんってすごいなぁと、演習や実習のたびに実感します。2年生になって半年が過ぎ、もうすぐ初めて患者さんを受け持たせてもらう実習があります。とても緊張するし、きっと慣れないことに大変さを感じると思います。でも、山梨大学でこの実習を経験した先生や看護師さんは、良い意味で、今でも忘れられない、人生の中ですごく大切な実習だったと話してくれます。わたしも、看護師さんや先生からたくさんのことを学んで、実習が終わる頃には自分の強みやいいところも発見できたらいいなと、前向きに一生懸命頑張ろうと思います。 知識や技術はもちろん、自身の人間性やコミュニケーションの面でも患者さんに安心感を与えられるような、人間味のある看護師になりたいです。将来、看護という生き方を選んだのだと、胸を張って言えるように、たくさん勉強して、日々の縁や出会いをひとつひとつ大切にしながら、素敵な看護師になれるようにこれからも頑張ります!

山梨県立甲府南高校出身  記 2017年11月(執筆:2年次)