飯塚 温子さん 2014年入学 成人看護学ゼミ

どんな時も看護学科の皆で1つになって学校生活を送っています。

飯塚 温子さん
【看護学科】2014年入学

臨地実習も終わり、就職先も決まり、大学生活の終わりが近づいていることに寂しささえ感じます。現在は、研究・卒業論文の作成に励み、それが終われば国家試験の勉強と、充実した日々を過ごしています。山梨大学では、1年生のころは他学部の学生たちと同じキャンパスで交流しつつ、看護だけでなく様々な知識を学ぶことが出来ます。2年生になると専門の授業が増え、3年生からは実際に長期の実習が始まります。保健師の資格も取れるため、病棟だけでなく地域での実習も行います。そのため、多職種の方と関わり、役割を知ることができました。視野も広がり、この経験は必ず将来に活かせる強みだと思っています。もちろん勉強は大変ですが、部活動やアルバイトなども平行して頑張っている学生はたくさんいます。私自身も息抜きに運動したり、働くことの楽しさや大変さを学んだり、人との輪を広げられる貴重な経験ができたと感じています。入学してからどんな時も看護学科の皆で1つになって学校生活を送ります。授業を受け、実習を乗り越え、研究や国家試験など最後の最後まで一人ではなく常に一緒に頑張ってくれる友達がいます。そして、近くで手厚くサポートしてくださる先生もいます。山梨大学で楽しく、充実した学校生活を最後まで送りたいと私は思います。

群馬県出身  記 2017年11月(執筆:4年次)