加賀美 奈菜さん 2014年入学 成人看護学ゼミ

大学に入ってから苦手な勉強も「楽しい」と感じ、頑張れました。

加賀美 奈菜さん
【看護学科】2014年入学

みなさん、こんにちは。看護科4年生の加賀美奈菜です。大学に入学して、あっという間に4年生となってしまいました。山梨大学での4年間は、入学した当時の自分では想像ができないくらいに、勉強・私生活に充実した日々でした。 高校生の頃の私は、所属する吹奏楽部の活動や遊んでばかりで勉強はとても苦手でした。大学に入ってからは、その苦手な勉強も「楽しい」と感じられるようになりました。(決して得意ではありませんが)自分の興味・関心のある分野の知識・技術を習得していく事は自分自身の成長を感じる事が出来ます。また、看護科ではその習得した知識・技術を臨地実習で実践する事が出来ます。最初はなかなか看護過程の展開も難しかったのですが、実習担当の先生方や指導者さんの熱心な指導のおかげで、患者さん一人一人にあった看護過程を展開することができました。実習では患者さんからのありがとうといった言葉や、元気に退院していく姿を見ると、「看護師」という職を志して良かったと思います。山梨大学には、自分の学びたいという気持ちをサポートする体制が整っています。医学部のキャンパスの図書館には様々な文献・書籍があり試験や実習の際にはとても助かりました。また、先生方は経験豊富で私たちの意見を尊重しながらさらに良い看護が出来る様に指導してくださいます。  卒業後は附属病院に就職予定です。山梨大学で得た「学ぶ楽しさ」を忘れずに患者さんの痛みや不安に寄り添うことのできる看護師になりたいと思います。

山梨県出身  記 2017年11月(執筆:4年次)