庭田 悠花さん 2014年入学 高齢者看護学ゼミ

高齢者看護に関連する研究を仲間と励ましあいながら進めています。

庭田 悠花さん
【看護学科】2014年入学

わたしが高齢者看護学の研究室を選んだのは、3年生の実習の時に「どうしてこうなったのだろう」「こういうこともあるのではないか」と疑問に思ったことがあり、それが高齢者看護に関連することだったので、自分の疑問を解決しもっと学びを深めたいという思いからでした。 研究が始まる前に看護研究についての授業があったのですが、実際に研究を進めていくと難しさを感じることが多々ありました。読み慣れていない文献を読み進めることも大変でしたが、今までの研究から分かったことを用いて自分の考えや感じたことを文章におこしていくことが一番難しいなと感じたことでした。また、実習中や授業がないとき、夏休みでも研究を進めることがあったので計画的に行うことも大切なことだなと実感しました。しかし、わからないことがあったときは先生に聞くと的確なアドバイスをくれたり、同じ研究室の仲間と励ましあいながら研究を進めることができています。また、研究を行うことで自分の興味のある分野について今までの授業や実習より深く学ぶことができたり、一つの事柄について追及していくという楽しさを知ることができました。これから実際の医療現場で働く際には、この看護研究を行って得た知識や考え方を生かして患者さんに対し、より良い看護を行っていけたらいいなと思います。

鹿児島県出身  記 2017年11月(執筆:4年次)