大塚 裕理香さん 2015年入学

選んだ理由は看護師の他にも資格を取得できからです。

大塚 裕理香さん
【看護学科】2015年入学

私は幼い時から医療に関わる仕事がしたいと思っていました。山梨大学に進学した理由は、実家から遠すぎず、看護師の他にも資格を取得することができるからです。実際に勉強を始めてみると知識はもちろん必要な技術をきちんと身につけねばならず、想像以上に大変ですが、やり甲斐もあり充実しています。 1年生のときから附属病院や市町村で実習を行い、学年が上がるにつれて内容がより実践的になる中で、2年生からは担当患者を受け持ってケアを実施していきます。対象者にあった看護を提供することは簡単ではないので悩むことも多いですが、一人一人に最善のケアを提供するためにはどうしたらよいのか、実習班のメンバーでカンファレンスを行ったり、先生や指導者の方から助言を受けたりして、学ぶことの多い日々を過ごしています。 以前、病棟で変形性膝関節症の手術を行った方を担当し退院指導を行った際、「あなたがいてくれて良かったよ、退院したあとも気を付けるね。ありがとう。」と直接声をかけていただき、本当にうれしかったです。  山梨大学では部活動に参加している人が多く、私は医学部アイスホッケー部に所属しています。大会での優勝を目標に日々練習に励みながらも、キャンプやバーベキューといったイベントも多くあり、楽しく活動しています。  将来は、対象者の思いを尊重しながら信頼関係のもとにケアを提供することができる看護師を目指したいと思っています。

神奈川県出身  記 2017年11月(執筆:3年次)