小児病棟ボランティアグループ 大橋 青葉さん 2014年入学

どんな時も看護学科の皆で1つになって学校生活を送っています。

大橋 青葉さん
【看護学科】2014年入学

子どもにとって食事・遊びは身心の成長・発達に欠かすことのできない重要なことです。そのような、食事や遊びの時間を有意義で楽しい時間とすることを目的として私たち、小児病棟ボランティアグループは子どもが大好きなメンバーが集まって小児病棟での朝食介助や積み木の会・クリスマス会といった集団プレイプログラムのサポートなど食事や遊びの支援を主に楽しく活動をしています。ボランティアでは、子どもたちにとって近い立場で多くの時間を共有することができます。子どもたちのかわいく明るい笑顔を見ることができ子どもたちから沢山元気もらっています。また、「また来てね」「たのしかった」という言葉や病棟スタッフ、保護者の方から感謝の言葉やお褒めの言葉をいただきとてもやり甲斐と達成感を感じています。さらに、多くの子どもたちに密に関わることができるボランティアであるからこそ、活動を通して子ども1人1人の性格や特性を把握でき、それらを活かしながら1人1人に合わせた関りをすることの大切さなど、看護師として働くうえで大切な学びも沢山あります。 入院生活という限られた環境の中だからこそ、性格や特性を活かした関りによって子どもたちの本来持っている力を引き出しその子の生活が輝かしく楽しい時間となるように今後もボランティア活動を続けていきたいと思います。

  記 2017年11月(執筆:4年次)


》その他の部活やサークル活動を紹介しています。