田中 大登さん 2014年入学 成人看護学ゼミ

男性だからこその長所を活かした看護をしようと思っています。

田中 大登さん
【看護学科】2014年入学 

こんにちは。山梨大学医学部看護学科4年の田中大登です。いよいよ研究も大詰めで、講義も少し、残すは国試だけとなり準備を進めています(?)。大学入学が最近のようで、この4年間長いようでしたが講義や演習、実習、部活、アルバイトと充実し、あっという間でした。時間に余裕がある大学生活ではありませんでしたが、医学科との交流やアルバイト、長期休暇での旅行は自分の見聞を拡げてくれました。そして仲間や先生、家族の支えで無事、山梨大学医学部附属病院に内定し、生まれ育った地に看護師として貢献できることを嬉しく思っています。 医療の世界、それも1番患者さんに接し、支えることができる看護師に憧れて看護学科に入学しました。しかし、入学した時は男性の自分がこの世界でやっていけるのか、病院で働いている看護師のようになれるのか不安でいっぱいでした。実際に実習中には壁にぶつかり、「自分、看護師向いてないかも」「どうしたらいいのか」と何度も思いました。でも患者さんの「ありがとう。」「とても助かった。」という声が励みとなり、「乗り越えよう」「男なら男だからこその長所を活かした看護をしよう」と頑張ることができました。 これからも多くの壁に当たると思いますが、仲間とともに切磋琢磨し、自分がどうして看護師になりたかったのか、どんな看護をしたいのかという考えを大切にして、患者さんに向き合っていきたいと思います。

山梨県立甲府南高等学校出身  記 2017年11月(執筆:4年次)