上島 奈々美さん 2014年入学 成人看護学ゼミ

大学生らしく、遊び・部活・勉学にメリハリのある生活を送ることができました。

上島 奈々美さん
【看護学科】2014年入学

 高校生の頃、進路に悩んでいたとき看護体験に参加し、看護師の仕事はきれいなものだけではなく大変で辛い部分もあるという話を聞き、看護師に対し尊敬と憧れを持つようになりこの山梨大学看護学科に進学しました。1~3年前期までは座学が中心で今まで触れたことのない人体や病態についての学びを深めてきました。座学はまだ何も分からない私たちがイメージしやすかったり、教科書的なものだけでなく現場を想定しての内容となっています。3年の後期からは附属病院での実習が始まり今までの座学で得た知識を実践していきます。しかし、実際は異なることもあり、先生方や病棟の看護師さんに助言をいただきながらなんとか乗り越えていくことができました。実習中は常に患者さんのことを考えているので終了時は会えなくなることを切なく感じました。実習を通し看護師という仕事は病気に対してではなく、病気と闘う患者さん自身にしっかりと寄り添い、身体面・精神面すべてでその人の生活を支えていくことが大切だと学びました。  部活はボート部に所属し、大学生らしく遊び・部活・勉学にメリハリのある生活を送ることができました。また、同じ目標に向かって努力する大切な仲間もできました。  卒業後について私は地元の医療に貢献したいという思いをもっており、春からは地元の大学病院で働きます。そこで今までの学びを活かしていくとともに、これからも学び続ける姿勢を忘れず、患者さんを支えていきたいと思います。

長野県出身  記 2017年11月(執筆:4年次)