教員・研究紹介

成育看護学講座教員紹介

教員の名前をクリックすると、詳細へスクロールします

母性看護・助産学 教授 小林 康江
教授 中込 さと子
助教 浅野 浩子
小児看護学          教授 石川 眞里子
講師 安藤 晴美
助教 大島 智恵

母性看護・助産学

小林 康江:教授

専門分野 母性看護学、助産学
主な研究テーマ 母親になることを支える看護  助産師継続教育
研究 女性が母親になる移行期の看護について研究しています。女性が母親になる過程において、子どものことがわかるようになることはとても重要なことです。子どもの特徴がわかることで、その子にあった世話ができるようになります。母親が育児に対して「やっていけそう」と思えること、母親の自信を醸成する看護の構築に向けて研究に取り組んでいます。
また、2011年10月にプライマリー助産ケア講座(寄附講座)が設置されました。プライマリー助産ケア講座のメンバーと共に「地域連携型『継続助産ケア実践研修プログラム』の創成」基盤研究(C)(課題番号45933691)に取り組んでいます。これは、学士課程で助産基礎教育を終了した新卒助産師を養成する対象とした継続教育プログラムを作成・実施・評価することを目的としています。現在、1年目2名、2年目2名、3年目1名総勢5名の助産師が、本プログラムに則り、実践を重ねています。
さらに、女性の尿失禁、骨盤底臓器脱について、在宅・高齢者看護学の谷口先生と協働し、これらの自覚症状の改善を目指す研究に取り組んでいます。
学生たちへのメッセージ 看護の受けてである患者さんたちにどうなって欲しいと思うのか、役に立つことは何か、そのために必要な学習は何かを考えながら共に学びましょう。

中込さと子

pic-nakagomi
役職 教授
専門分野 母性看護学、助産学、遺伝看護学
主な研究テーマ 遺伝性疾患をもつ人々のQOL向上に関するケア・システムの研究
遺伝カウンセリングに関する研究
遺伝看護教育
ハイリスク妊婦への看護
学生の皆さんへ  母性看護学・助産学は、新しい生命をめぐる様々な課題に取り組む幅広い分野です。その中で私が関心を持ったのは、遺伝性疾患を持つ人々へのケアでした。遺伝とは、heredity;親から子へと引き継ぐことと、variation;多様性すなわち誰もが固有の唯一の存在であることと、この2つの内容を包含しており、助産学においてとても重要な概念なのです。
 遺伝医学の進歩は目覚しく、すばらしい成果です。しかし、遺伝をめぐる課題は多岐にわたります。思いやりに満ちたケアが伴わない限り、医療技術の進歩は返って危険をもたらし、所期の目標を達成できません。
 看護は、‘To cure sometimes, relieve often and comfort always’ という言葉の、最後のcomfort always「常に慰める」部分を担っています。子どもの誕生・成長、試練、境遇の変化、身体の損傷・悲しみや苦悩・死など様々な場面で‘共にいる’仕事です。本学に入学してからは、看護を志した友と共に明るく有意義で充実した大学生活を送り、心身ともに成長してほしいと願っています。
  学部生とは、母性看護学関連の授業や実習、助産学を選択する皆さんに対しては、リプロダクティブヘルス論(性と生殖をめぐる助産学)や助産学関連の科目を担当します。
  大学院生とは、妊娠出産におけるリスクを抱えた女性を中心に、遺伝性疾患を持つ人々の体験とケア・システムについて多角的に研究していきます。

浅野 浩子

役職 助教
専門分野 母性看護学 遺伝看護学
主な研究テーマ   周産期・新生児期の遺伝看護教育プログラムの作成
研究 周産期、新生児医療の領域では、急速な遺伝学的検査技術の向上により、遺伝性疾患の早期の診断が可能となっています。その一方で、遺伝学的な問題に不安や関心を持つ両親が増加し、看護にも、ケアの一員として親子を支える役割が期待されます。しかし、現在の看護教育体制は整っておらず、臨床では遺伝学的な診療やケアに関する継続教育を受ける機会がありません。このため、看護が効果的に提供されるための教育プログラムを作成できるよう取り組んでいます。

小児看護学

石川眞里子

pic-ishikawa
役職 教授
専門分野 小児看護学
主な研究テーマ  排泄機能障害のある子どもへの食事と排泄に関する研究

小児の創傷・失禁・オストミー領域の臨床研究

研究

小児外科疾患においては消化管や尿路の手術を必要とする先天性疾患が多種類あり、外科的治療ではストーマ(人工肛門等)を造設して排泄経路を変更する場合も少なくありません。これらの排泄機能障害がある疾患では、新生児期・乳児期にストーマ造設、根治手術、閉鎖術を受けた後にも排泄器官の形態発育不全・機能不全により失禁などの問題があります。よって、幼児期以降から青年期・成人期までフォローアップが必要となっています。排泄は精神・心理面への影響も大きく、社会的ハンディキャップも負いやすいので、慢性疾患として長期のフォローアップと支援が必要になります。小児外科疾患の術後合併症の可能性や機能不全の状態が成長と共にどのように身体に影響するのか、新たな病態に発展しないようにするためにはどのような生活を送る必要があるのかを考え看護を行います。予防的・健康的な生活ができるよう、子どもの特性や発達段階を理解して、子ども本人・家族に対して生活面での教育指導を行い、生活全般から親子を支援することが看護師の役割でもあります。このように、小児看護の対象は小さな子どもだけでなく青年期に至るまでの本人、それを支える家族および周囲の大人も含まれます。まさしく母子保健、小児医療・保健および成育医療・保健を実践する分野でもあります。皆さんと一緒に疾患をもって生活する子どもへの看護を考えたいと思います。

安藤晴美

female
役職 講師
専門分野 小児看護学
主な研究テーマ 低出生体重児の親子関係形成に関する研究
研究

新生児集中治療室 (Neonatal Intensive Care Unit:NICU)への入院を余儀なくされる子どもさんと親御さんへどのようにサポートしていったらよいのか、看護実践に着目して研究しています。また、療養が必要なお子さんをもつご家族の方々の体験や、実践現場での看護者の体験など、その時々の思考や感情を振り返り、語っていただくといった面接を行い、その内容を一つひとつ解釈しています。そこからご家族のニーズにあった看護を考察しています。“看護”とは何かを一緒に考えてみませんか

大島智恵

female
役職 助教
専門分野 小児看護学
主な研究テーマ 発達障害児の親と子の関わり方の研究
研究

入院中の子どものプレイプログラムを実施したり、学生とともにボランティア活動を行ったりしています。
子どもの食事量や環境についての研究、子どもへのよりよい関わり方について、お子さんをもつご両親と一緒に考えています。