入学前教育(合格者登校)を実施しました。

2017年12月12日

平成30年4月入学 看護学科推薦入試合格者対象 入学前教育(合格者登校)を実施しました。

 12月9日(土)、この度の看護学科における合格者を対象とした入学前教育を実施しました。
全体のファシリテーターをアドミッションセンターの藤准教授がつとめました。
まず、参加者同士の緊張をほぐすためのアイスブレイクによって、一気に場の雰囲気が和み、参加者全員が明るい雰囲気に包まれました。
次に田辺学科長より、「入学までの準備と心構え」と題して、看護学科における学びを主体として、入学するまでに身につけておいてほしいこと、生活上の心構えなどが話されました。高校生の顔に緊張とやる気がみられていました。
さらに、「具体的な取組・学修計画の立案」では、大学での学びの内容の接続や、各自が克服すべき内容、深めたい内容を明確にし、グループワークによる情報交換を通して、大学入学までの数カ月の学習の取組について主体的に計画立案を行いました。
最後に、山田講師の引率のもと看護学科学生が主に使用する図書館や実習室など施設設備の見学をしました。参加者は、入学後の実習などをイメージすることができ、やる気が一気に高まった様子でした。
今回、山梨県外からの5名を含む20名全員が参加し、互いの交流を深めました。特に、同じ目的意識をもった合格者が一堂に会することで、これまで不安に感じていた仲間づくりや大学へ向けた学習の取組、生活上の不安などを解消することができた良い機会となったようです。